作品展示場  − 
詩のページ

  
     (作者名あいうえお順、敬称略)




  ■アリス・兎・慎也

     マニキュア   − 「乾くまで手は繋がないでね」 (異彩11号掲載のものを加筆修正)
     魔法使いと携帯電話   −きっと貴方は魔法使い (書き下ろし)
     列車   −赤い列車に乗って貴方は何処まで行ったのだろう (異彩11号掲載のものを加筆修正)



  ■かまぼこ板

     シズミオクリ   −クヤシイくらいの優しさのリボンをかけて  (書き下ろし)
     今、その時   −余計な現実とか、ありもしない幻想よりも  (書き下ろし)
     社会処方箋   −なんてことはない、ちょいと自分にまじないをかけろ  (書き下ろし) 
     憧憬   −その姿に、憧れずにはいられない  (書き下ろし)
     夜の船   −行くべき場所は忘れてしまったのに  (書き下ろし)
     勝利のための法則   −車輪の下でもがけばいい (書き下ろし)
     書、道。   − いっぱいのオモイをこめたなら、それは丸めて捨てることはない (書き下ろし)
     自分栽培法   −更なる憎悪で己を見つめろ (書き下ろし)
     闇夜暗夜行路   −海と砂の間の土地を探し出せたなら (書き下ろし)
     明日前の祈り   −感動感涙感謝感激雨アラレ (書き下ろし)




  ■高田秋良

     おもいびと   −あたしに生きる理由を下さい。(書き下ろし)
     眠りに   −ふたつの光は別々の道をゆく いつかめぐり合うように(書き下ろし)
     プレイリーゲンティアン   −会えなかった日々を埋めたくて 私はあなたを探すのです(書き下ろし)
      六月の天使へ   −あなたとの約束の日を 待つことができなかった弱い自分(書き下ろし)
     過去に酔う  −気づけばそれは 君ではなく自分自身だった。(書き下ろし)
     偽りごと   −いまだにそのココロに寄生する銀の針は?(書き下ろし)
      アンダンテ    −誰もいない赤い部屋 わずかに残された 見知らぬ誰かの温度(書き下ろし)



  ■NEED・LIST

     脱走兵   −戦場はいつも私の後ろに 背けた瞳は闇の色 (書き下ろし)
     非被支配   − 鎖の先は繋がっている 一寸だけ僕らを隔てる闇の向こう (書き下ろし)
        −彼方への思い ほどけ白銀の包帯を (書き下ろし)
     世界   −金さえもらえればついていってやらなくもない (書き下ろし)
     Sとレース   −ほら思うとおりにやってみな 後悔するのはお前かあいつか俺か神 (書き下ろし)




  ■音神 津編

     不幸な植物    −私のミイラが飾ってある (書き下ろし)




  ■ねむりぱんだ

     坂道   −私は上っていく、長い長い坂道を (書き下ろし)
     親バカ   −それを聞いて私は彼を手放しで褒めまし (書き下ろし)
      
刻 〜キザマレルモノ〜   −ただその先にあるものを掴むために (書き下ろし)
      
骨付き裁判所へようこそ  −街に溢れる暴食者(グール)たち 排気ガスは食べられません (書き下ろし)




  ■穂高ゆるり

     砂と歌のカノン  −母から子へと受け継がれてきた歌だけが  (異彩11号掲載)
     ふるさとの話  −あなたは何処から来ましたか?  (異彩11号掲載)
     おつきさまとおかげさま  −それはこの妙なる舞台を独り占めする幸せな罪悪感に似て  (香泉37号掲載)




  ■水月しおん

     仕返し観覧車   −ほら あと2つ 1つ…… もうじき終わる (異彩11号掲載)
     regrets   −一人、涙した。(書き下ろし)
     連鎖の果て   − 悲しみは 憎しみを生み、憎しみは 新たな悲しみを生み、そして(書き下ろし)
     自分らしく 〜It`s my style〜   − だけど そんな恋はもうお終い(書き下ろし)
     さようなら   − さようなら それは終わりの言葉 それははじめる言葉(書き下ろし)
     アンニュイな午後   −ひとり チャイを飲みながら(書き下ろし)
     The Moom In The Sky   −星の海にゆらりゆらりと揺れながら(書き下ろし)
     ごめんなさい   −今すぐ君に言いたい だけど 恐くて言えない(書き下ろし)
     Two words   −In which word do you separate?(書き下ろし)
      
ビー玉世界   − 次のびー玉を 取り出し覗いて見る そこから見える景色は…(書き下ろし)
     雪溶けぬ春   − 冬の終わりを告げるように 春の訪れを告げるように(書き下ろし)
     夜空の大航海   − その先に待つたくさんの ドキドキとワクワクに(書き下ろし)
     いたずら風   − いたずら風さんは ちょっぴりえっち(書き下ろし)
     向日葵畑   − あなたにつられて笑う私 二人一緒に笑いあった向日葵畑(書き下ろし)
     カエル   −いそいそカエル ドキドキカエル 今日のあなたは  何カエル?(書き下ろし)
     花びらに込めて   −両手をぎゅっと握って 「飛んでけ!」(書き下ろし)
     月を見よう   −顔を上げるだけで なんだか少しだけ勇気が湧いてくる(書き下ろし)

  ■幻灯華

     願い事   -どうしても逢いたくなった夜に、その人を想って書いた詩です。(書き下ろし)


  


メニュー





inserted by FC2 system